『古さ』を活かす〜再生・リノベーションの魅力

新築や全てを新しく更新するリフォームと比較して、再生やリノベーションの大きな魅力は『時間軸』を空間に取り込むことができることです。

その『時間軸』は、天井、壁、床などを構成する素材や、柱、梁などの構造材、また建具やガラス、照明器具などから、さらにドアノブや蝶番、スイッチ類などの細かいパーツにより可視化されます。

また、その家(空間)で長年過ごした人だけがわかる、カタチには現れない『記憶』も愛着による『時間軸』の可視化に重要な要素となります。

そのため、再生やリノベーションのご依頼をいただいた際には、特にヒアリングと現場の調査を綿密に行い、最も効果的に時間軸を可視化できる要素を探り出すことから始めます。

全てを新しく作り変えるのではなく、再生やリノベーションによるその空間でしか作ることができない『古さ』を活かした時間軸のデザインを是非ご検討ください。