どんな状態が「特定空家等」なの?その3

ここまでに、「特定空家等」の判断の参考となる基準という内容が「ガイドライン(「特定空家等に対する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指針)」に記載されている、

  • 〔別紙1〕「そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態」であるか否かの判断に際して参考となる基準
  • 〔別紙2〕「そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態」であるか否かの判断に際して参考となる基準

についてまとめました。

その記事はこちら:

どんな状態が「特定空家等」なの?その1

どんな状態が「特定空家等」なの?その2

また、特定空家等の定義についてはこちら:「特定空家等」とは?

そして、今回はこちらです。

〔別紙3〕「適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態」であるか否かの判断に際して参考となる基準

〔別紙1〕では、建物などが倒壊することによる物的・人的等の被害に対して危険性があるかどうかの判断でした。

また〔別紙2〕では、その空家等の周辺に対して衛生上の悪影響を与える危険性があるかどうかの判断でした。

ここでは、その空家等が存在することにより、周辺の景観に及ぼす影響についての判断になります。

地区によっては、その地区の景観を保持するためのルールが設定されている場合があります。

管理されていない空家等の存在によりその景観が損なわれる危険性がある場合、特定空家等と判断されます。

「適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態」であることを判断する際は、以下の(1)又は(2)に掲げる状態(将来そのような状態になることが予見される場合を含む。)に該当するか否かにより判断する。

(1)適切な管理が行われていない結果、既存の景観に関するルールに著しく適合しない状態となっている。

例えば、倉敷美観地区のように景観のルールを定めている地区内において、その重要な場所に管理されていない空家があるような場合です。

ここでは状態の例として、景観法に基づき景観計画を策定している場合、そこで定める制限に著しく適合しない状態かどうかを判断基準としています。

また景観法だけでなく、地域で定められた景観保全に係るルールも例として挙げられています。

「景観」というキーワードが重要で、周辺環境に与える悪影響のひとつとして「景観(見た目)」を判断要素としている、ということです。

(2)その他、以下のような状態にあり、周囲の景観と著しく不調和な状態である。

「以下の状態」として

  • 屋根、外壁等が、汚物や落書き等で外見上大きく傷んだり汚れたまま放置されている。
  • 多数の窓ガラスが割れたまま放置されている。
  • 看板が原型を留めず本来の用をなさない程度まで、破損、汚損したまま放置されている。
  • 立木等が建築物の全面を覆う程度まで繁茂している。
  • 敷地内にごみ等が散乱、山積したまま放置されている。

とあります。

衛生上の悪影響については、〔別紙2〕により判断されることになっていますが、ここでは「景観(見た目)」の影響による判断です。

整った周辺の景観に対し、その景観と比較して著しく不調和である場合、特定空家等と判断されます。

 

次は、「特定空家等」の判断の参考となる基準の最後、〔別紙4〕「その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態」であるか否かの判断に際して参考となる基準の内容について、確認していく予定です。

 

※画像は参考画像です。「特定空家等」と認定を受けているものとは限りません。