内装仕上げに入ります。

笠岡の再生現場では内部の大工工事が完了し、内装仕上げの段階に入りました。

複数の業種が関わるため、効率よく作業を進めることができるように手順ごとの日程調整を行い、職人さんと連携しながら空間を作っています。

再生工事の場合、思わぬ変更が生じることがあり、その場での適切な判断が必要になります。

これらへの対応も設計者・監理者として重要な仕事のひとつです。

タイトルとURLをコピーしました