再生工事における構造の検討

柱や梁などの軸組により構成される在来工法は、2×4工法などに比べて間取りを変える自由度が高いと言われます。

しかしよく検討せずに安易に柱や梁、壁を撤去してしまうと建物の性能を大きく落とすことになります。

再生工事の設計時には非破壊で目視の範囲から構造の構成を予測しながら検討することから、内装を撤去した際に再度構造の確認を行います。

そして構造改変の安全性と合理性を検討した後、新材を使い補強等を行います。

そこに新旧の対比が生まれます。

検討不足のリフォーム工事などにより安易に構造や壁を撤去するのは大変危険です。

木造に精通した建築士(設計事務所)にご相談ください。