平成28年度備中地域ビジネス研究会(第1回)に専門家として参加しました。

【第1回 備中地域ビジネス研究会】
10/27、備中県民局主催の第1回:備中地域ビジネス研究会(本年度のテーマは「空き家活用」)に専門家として参加させていただきました(地域おこし協力隊さんを中心とした参加者さんたちにアドバイスを行う役割で)。
高梁市地域おこし協力隊さんの具体的な活用の希望をもとに、地域での活用可能な「資源」をまち歩きをしながら参加者皆さんで探索。面白い物件がいくつもありました。
その後は宇治町の元仲田邸へ移動。
明治期の建物であるこの物件の一部を購入し、地域活動の拠点として活用するために再生を始められた地域おこし協力隊さんに建物を案内していただきました。
塩田瓦を使っているこの建物は、手を入れる部分が多いものの地域ならではの様々な特徴があり、歴史的な価値のある立派な建築物です。
私はハード面からの活用方法ついてお話しさせていただきました。
ソフトの面からは、倉敷の有隣庵の中村さんが専門家として参加。
いろいろ面白いお話を聞かせていただき、本当にいろんな展開が見えてきたように思います。
浅口市でのプロジェクトも含め、いろんな人たちと出会うことで、面白い方向にどんどん視野が広がることを実感しています。
これからもその地域ならではの「おもしろいこと」をポジティブに行っていきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました