床下調査~蟻道(ぎどう)の例

シロアリは移動のために「蟻道(ぎどう)」と呼ばれるトンネルのような道を自ら作りながら餌となる木材に向かって進んでいきます。

木材表面だけでなく、モルタルやコンクリート、石などの表面にも作ります。

固く、土を固めたような素材でできています。

このような「蟻道」を確認できた場合、すでにシロアリによる食害が進行している可能性があります。