新・旧の対比~時間の可視化

古民家再生などの改修工事の計画にあたり、よく「古いものに合わせて色を塗ってください」というご要望があります。
しかし、基本的に「着色塗装はしない方がいいですよ。」というアドバイスをさせていただいています。

改修工事の醍醐味は、「時間の可視化」だと考えています。
長年使われてきた部材の風合いは、新材にいくら塗装をしても再現できません。
「ありのまま」の姿の新しい部材を組み込み、対比させることでその空間を構成している「時間」が可視化されます。
新築ではできない改修工事最大の特徴です。

住まいに限らず、店舗改修や、倉庫、工場など、様々な建築物に応用可能ですので、是非ご相談ください。