新旧の対比〜使えるものはなるべく使い、手を入れる箇所には新材を使う

既存建築物の活用を行う時にはなるべくそこにある構造、建具、仕上げなどを再利用します。

コスト面の効果を目的とするだけでなく、新旧の材料を対比させることで空間に「時間軸」を作ることができます。

どこかの古材を持ってきて部分的に使うのではなく、その場にずっとある材だからこその説得力があります。

古民家再生、リノベーションなど既存建築物の活用ならではの面白さです。

空き家、空き店舗などの対策で利活用を検討の際にも応用可能です。

お気軽にお問い合わせください。