既存建物の調査にて~基礎の構造クラック

投稿日:

既存建物の調査に伺いました。

 

床の傾きが認められ、床下から基礎の状態を確認しました。

コンクリート造(鉄筋の有無は不明)の基礎(おそらく布基礎)の開口部から、構造クラック(幅1~2ミリ程度)が発生していることが目視できました。

地盤の不同沈下による破壊と思われます。

 

耐震性能の大幅な減少の原因となるため、適切な補強を検討することをお勧めいたしました。