木造住宅耐震診断について

木造住宅耐震診断事業による耐震診断は、岡山県木造住宅耐震診断員が行わなければなりません。

日本各地で大きな地震が発生し、多くの家屋が倒壊、損壊してしまいました。

住宅の耐震化が重要であることはみなさんもよくご存じのことと思います。

表題にありますように、補助を受けて行う木造住宅の耐震診断は、所定の講習を受けた木造住宅耐震診断員が行う必要があります。

昨日、今年度の診断員に対する講習会がありました。

今までより補助の内容が変わっておりますので、整理します。

現況診断

補助対象住宅:旧耐震の2階建て以下の木造戸建て住宅

補助内容:岡山県木造住宅耐震診断マニュアルに掲げる簡易診断法、一般診断法、精密診断法による現況診断

 

・簡易診断法【定額】 ¥42,000-のうち、¥40,000-が補助されます(自己負担¥2,000-)。

※ただし、補強計画へ進む場合は、簡易診断法による現況診断は不可(一般診断法以上の診断による)。

・一般診断法【定額】

対象面積S(≦200㎡):¥70,000-のうち、¥60,000-が補助されます(自己負担¥10,000-)。

(200㎡<S≦300㎡):¥79,000-のうち、¥68,000-が補助されます(自己負担¥11,000-)。

(300㎡<S≦400㎡):¥88,000-のうち、¥76,000-が補助されます(自己負担¥12,000-)。

・精密診断法:診断費用(見積額。補助対象限度額¥134,000-)の2/3

 

となっています。

一般的には耐震診断を行った後に補強計画を立て、耐震改修を行うべきですが、簡易的な手法により概略を把握する目的で簡易診断も対象となっています。

ただし、簡易診断法を採用した場合、そののちに補強計画を行うことはできません。

そのため一般診断法による耐震診断が大半を占めています。

精密診断法は現状ではあまり採用されていない状況です。

補強計画

補助対象住宅:上部構造評点が1.0未満の旧耐震の2階建て以下の木造戸建て住宅

補助内容:岡山県木造住宅耐震診断マニュアルに掲げる一般診断法、精密診断法による補強計画

補助率、補助額:

・一般診断法【定額】

対象面積S(≦200㎡):¥70,000-のうち、¥60,000-が補助されます(自己負担¥10,000-)。

(200㎡<S≦300㎡):¥79,000-のうち、¥68,000-が補助されます(自己負担¥11,000-)。

(300㎡<S≦400㎡):¥88,000-のうち、¥76,000-が補助されます(自己負担¥12,000-)。

・精密診断法:診断費用(見積額。補助対象限度額¥134,000-)の2/3

 

となっています。

 

また、耐震改修を行う場合は市町村により補助率が異なっています。

当事務所の近隣では

  • 笠岡市:耐震診断補助(簡易診断:×(補助なし))・耐震改修(補助率:23%、限度額¥460,000-)・部分耐震改修等(×(補助なし))
  • 井原市:耐震診断補助(簡易診断:〇(補助あり))・耐震改修(補助率:23%、限度額¥800,000-)・部分耐震改修等(補助率:50%、限度額:内容による)
  • 浅口市:耐震診断補助(簡易診断:〇(補助あり))・耐震改修(補助率:23%、限度額¥300,000-)・部分耐震改修等(×(補助なし))
  • 里庄町:耐震診断補助(簡易診断:〇(補助あり))・耐震改修(補助率:23%、限度額¥460,000-)・部分耐震改修等(×(補助なし))

となっています。

詳しくは、各市町村の相談窓口にお問い合わせください。

また、この記事のトップ画像にあるようなパンフレットも用意されています。

お気軽にお問い合わせください。