残すべき建築とは?

ご縁があり、真鍋島の笠岡市立真鍋中学校を見学させていただきました。

映画のロケ地にもなった昭和24年築の木造校舎は、今も現役の校舎として使われています。

生徒数は減少していますが、地域に欠かせないシンボルとして重要な建築です。

特殊な意匠や工法が見られる文化財などの建築物だけではなく、このような地域の風景となり、その地に欠かせない建築も残すべき大切な対象だと感じました。