秘密基地プロジェクト@浄光寺:開始!

浅口市鴨方町の浄光寺さんにて、秘密基地プロジェクトが始まりました!

このプロジェクトでは、今まで秘密基地を作ったことがある子どもたちを中心に、本当に「秘密」で仲間だけの居場所を作り出すプロジェクトです。

居場所を作ること自体の楽しさをある程度経験している子どもたちであることから、このプロジェクトでは、「よりよいものを作り出すためにはどうしたらよいか?何を考えたらよいか?」を試行錯誤するプロセスを体験していきます。

この「プロセス」は、なかなか学校では習うことができません。

自分たちの手を動かし、考えることで身につきます。

自分だけでなく、仲間の意見を取り入れ、みんなでひとつの居場所を作り上げる。

その経験は、仲間との連帯感や、居場所への愛着を持つことにつながります。

こういった経験がなかなかできない環境にある現代の子どもたちですが(我々が子どものころは結構「秘密基地」作っていましたが…)、彼らにそのような場を提供し少しお手伝いをすることで、多様な考え方ができる「人間」に育ってくれればと思います。

 

今回は、みんなが漠然と持っている「秘密基地」のイメージを出し合うワークを行いました。

まずは言葉で書き出し、みんなの思いを共有。

fusen

それをそれぞれ絵に描いてみました。

こちらが指示したわけではないのですが、なぜかほぼ全員「間取り図」を描く…。

そして、夢が大きすぎて、計画予定場所に対して計画がかなり大きいものに…。

 

子どもならではの面白いアイディアも見られました。

最後に、それぞれのアイディアの「共通点」を取り入れて、秘密基地の大きさを「小さくしてくること」を宿題として出題しました。

次回の集まりも楽しみです!