空き家の調査にて~不同沈下による基礎のクラック

空き家となっている物件の調査に伺いました。

建物内部に傾斜が見られることから外部の調査を行ったところ、基礎の換気口部分に構造クラックが認められました。

地盤擁壁側盛土部分の不同沈下により生じたものと考えられます。

大規模な修繕が必要となることをお伝えしました。

空き家について、利用可能な物件と利用に適さない物件をしっかりと見極め、適切な判断を行うことが大切です。

良好なストックの活用に至るため、弊社ではその支援を行っております。