笠岡・空き家活用プロジェクト第一期工事完了

笠岡市での空き家活用プロジェクトでは、専門業者による工事が完了しました。

構造補強、床仕上げ、電気工事、給排水給湯工事は、各専門業者に依頼。

「できることは自分たちでやる!」をコンセプトに壁、床の仕上塗装などを行っています。

まずは専門業者の工事が一段落したため、その様子として現在の状況を写真でお伝えします。

tcin01 tcin02 tcin03 tcin04 tcin05

床仕上げはパイン材。オスモカラーによる塗装を施主施工で行いました。

 

他に家具類も搬入されました。

tcit01

なんと、ある小学校の校舎の一部が解体されるため、そこで使われていた収納などを施主さんが入手されました。

これは、各教室へのプリント入れです。

tcit02

昭和20年代の収納。実際最近まで使われていました。

tcit03

椅子は施主さんの家にあった古い椅子をリメイクしたもの。奥の物入は、小学校から譲り受けた収納。「トイレ用品」とか書かれていますw

tcit04

建具も建物に使われていたものを再利用しています。特徴的なガラス。

現在は、施主さんにより内装の改修を中心に行われています。

 

今回のプロジェクトでは、私は空間を「キャンバス」として再生することに徹しました。

つまり、ここから施主さんが「描いて」作り込んでいくことになります。

これからの作業では、私はアドバイザー的に係っていき、必要なときには一緒に作業します。

実はこの建物は、ある用途に使われることが決まっていますが、今はまだ公開いたしません。

今後も近況報告していこうと思います。