進路指導の講師で新見へ

平成27年6月3日、岡山県立新見高等学校で「My Future Mapping〜職業人に聞く〜」という進路指導の中で、講師として建築士に関するパートを担当させていただきました。

「これからの地域づくりと建築士」というテーマで、建築論、デザインの紹介ではなく、今、地域が抱えている問題(空き家対策や地域づくりなど)を建築士はどう解決しようとしているか、そして地域に根ざして専門家として活動することの必要性と意義について話をさせていただきました。

話題を盛りすぎて窮屈だったかもしれませんが、皆さん熱心に聞いてくれました。

彼らのこれからのひとつの目印になってくれたら、と思います。

そして、その後、新見の古い町並みを少し歩きました。

川沿いの路地をひとつ入った場所にある通りには、多くの良い建物が残っています。

川と建築の集まりを一体的に活用することができれば、他にはない魅力が生まれるのではないでしょうか。

新見、面白いです!またゆっくり散策したいと思います。