空き家対策

空き家対策

「能動的活用」の大切さ~持続する活用のために~

空き家(空き店舗)を活用する際に、次のようなふたつの状況に出会うことがあります。 空き家(空き店舗)があるから、どうにか活用したい。 これをやりたいから、この空き家(空き店舗)を使いたい。 1については、所有者からのアプローチになりま...
空き家対策

既存建物の調査にて~基礎の構造クラック

既存建物の調査に伺いました。 床の傾きが認められ、床下から基礎の状態を確認しました。 コンクリート造(鉄筋の有無は不明)の基礎(おそらく布基礎)の開口部から、構造クラック(幅1~2ミリ程度)が発生していることが目視できました。 地盤の不同...
空き家対策

空き家管理の必要性~蟻害

空き家の物件調査にて、蟻害(ぎがい:シロアリによる被害)と思われる痕跡を見つけました。 敷居表面および畳に目視でき、蟻道もありました。 被害はかなり進行している可能性があります。 住んでいれば建物の細かい変化にも気が付きますが、空き家の場...
古民家再生・リノベーションについて

使われることで動きだすまちや建築の『時間』

石州瓦とベンガラで調和された街並みの岡山県高梁市吹屋。 建物は観光客向けの用途を中心に活用されており、生活が見える部分もあり、活きたまちとしての姿が見られました。 落ち着いた良い街並みです。 常々、まちや建築に『時間』を作ることで『奥行』...
古民家再生・リノベーションについて

まちに『時間』をつくる大切さ〜再生により『時間』を残す

最近の笠岡駅前の商店街の様子です。 平日昼間でした。 車が入れないほど細く入り組んだ路地で構成されていた駅前の町並みは、防災上の問題もあり、区画整理により現在の様子に変わりました。 古い建物は跡形もなく撤去され、区分けされた土地が整然と広...
古民家再生・リノベーションについて

大切な風景を使いながら残す〜利活用方法から考える再生

とても美しい川沿いの民家に出会いました。 形の美しさだけでなく、自然と調和し、そこにある生活がわかる素晴らしい風景になっていました。 どんな建物も、その地域の風景を作っています。 大きな豪邸だけでなく、小さな小屋も風景になくてはならない要...
建物の終活

家が売れない!~地域で価値をつくる~

家が売れない!~地域で価値をつくる~ カンタンに家(不動産)が売れると思っていませんか? 空き家対策のゴールは「売却」だと言われます。 「まぁ、家(土地)は資産だから、欲しい人は見つかるだろう。」 「その時には、不動産屋さん...
建物の終活

明日は我が身!の空き家問題(新築が空き家を作る)

今住んでいる家が、空き家になってしまう?! 普段生活していると、空き家問題が身近なものだと感じることはあまりありません。 「今はまだ大丈夫だろう。」「その時になったら考えよう。」という問題を先送りしてしまう気持ちがどうやら我々には多...
建物の終活

だれのための建物?~手遅れになる前に~

だれのための建物? 町並みの保存が活発に議論されるようになりました。 歴史的な建物が群となり形成する町並みは他にない魅力がありますし、地域の文化を記録・体験するものとして重要です。 一度失われてしまうと二度と取り戻せないものも...
空き家対策

「何もないところ」での空き家問題への対策について01

「何もない」ところでの空き家対策は? よく「うちの地域には、何もないからなぁ。」とか「こんなところで何ができるんだ?」などと地域に長年お住いのかたからお話を聞くことがあります。 そして、そのような場所にも空き家は身近な問題になってき...
タイトルとURLをコピーしました