空き家対策

空き家管理の必要性~蟻害

空き家の物件調査にて、蟻害(ぎがい:シロアリによる被害)と思われる痕跡を見つけました。 敷居表面および畳に目視でき、蟻道もありました。 被害はかなり進行している可能性があります。 住んでいれば建物の細かい変化にも気...
空き家対策

【中古住宅・空き家活用セミナーin笠岡】が開催されました。

8月15日、笠岡市民会館において【中古住宅・空き家活用セミナーin笠岡】が開催されました。 セミナーの中で「空き家の利活用方法について」というお話しをさせていただきました。 「こんな古い建物が活用できるの?」「どのように...
お知らせ

平成30年7月豪雨の被災住宅建築相談窓口が開かれます。

おかやま建築5会まちづくり協議会(岡山県建築士会、岡山県建築士事務所協会、日本建築学会中国支部岡山支所、日本建築家協会中国支部岡山地域会、岡山建築設計クラブ)では、岡山県内の水害被災住宅の修理や再建について、専門家である建築士が技術的な面か...
空き家対策

笠岡市にて【中古住宅・空き家活用セミナーin笠岡】が開催されます。

笠岡市にて【中古住宅・空き家活用セミナーin笠岡】が開催されます。 私もセミナーの中で「空き家の利活用方法について」というお話をさせていただきます。 また、専門家による相談会も開催されます。 お盆の帰省に合...
お知らせ

このたびの豪雨により被災されたみなさまに、こころよりお見舞い申し上げます。

このたびの豪雨により被災されたみなさまに、こころよりお見舞い申し上げます。 天候は回復しておりますが、まずは身の安全を第一に、ご無理ないように行動してください。 弊社でも、できる限りの支援をさせていただければと思っております。 ...
古民家再生・リノベーションについて

使われることで動きだすまちや建築の『時間』

石州瓦とベンガラで調和された街並みの岡山県高梁市吹屋。 建物は観光客向けの用途を中心に活用されており、生活が見える部分もあり、活きたまちとしての姿が見られました。 落ち着いた良い街並みです。 常々、まちや建築に『時...
古民家再生・リノベーションについて

まちに『時間』をつくる大切さ〜再生により『時間』を残す

最近の笠岡駅前の商店街の様子です。 平日昼間でした。 車が入れないほど細く入り組んだ路地で構成されていた駅前の町並みは、防災上の問題もあり、区画整理により現在の様子に変わりました。 古い建物は跡形もなく撤去され、区...
古民家再生・リノベーションについて

大切な風景を使いながら残す〜利活用方法から考える再生

とても美しい川沿いの民家に出会いました。 形の美しさだけでなく、自然と調和し、そこにある生活がわかる素晴らしい風景になっていました。 どんな建物も、その地域の風景を作っています。 大きな豪邸だけでなく、小さな小屋も...
お知らせ

古民家再生工房30周年記念「地域としての文化をつなぐ」終了しました。

古民家再生工房30周年記念「地域としての文化をつなぐ」福山展、本日無事終了しました。 この展覧会の中で新しくいただいたご縁もたくさんありましたが、いつもお世話になっている私のつながりのある方々も多数ご来場いただきました。 Tan...
空き家対策

みんなの集落研究所勉強会にてお話をさせていただきました。

6月1日、NPO法人「みんなの集落研究所」様の勉強会において「空き家という地域の資源を地域の中にどうストックしていけるか」というテーマでお話をさせていただきました。 既に空き家になっている建物への対策・支援も大切ですが、今後空き家を増...
タイトルとURLをコピーしました