古民家再生

古民家再生・リノベーションについて

新旧の対比〜使えるものはなるべく使い、手を入れる箇所には新材を使う

既存建築物の活用を行う時にはなるべくそこにある構造、建具、仕上げなどを再利用します。 コスト面の効果を目的とするだけでなく、新旧の材料を対比させることで空間に「時間軸」を作ることができます。 どこかの古材を持ってきて部分的に使うのではなく、...
古民家再生・リノベーションについて

再生工事における構造の検討

柱や梁などの軸組により構成される在来工法は、2×4工法などに比べて間取りを変える自由度が高いと言われます。 しかしよく検討せずに安易に柱や梁、壁を撤去してしまうと建物の性能を大きく落とすことになります。 再生工事の設計時には非破壊で目視の範...
古民家再生・リノベーションについて

再生工事の魅力

何もないところに空間ができあがっていく楽しさがある新築工事。 再生工事の場合は、構造体などの空間を構成する要素が既にあります。 それはかつて職人さんたちが何もないところに作り上げたもの。 設計にあたり、まずそれらをいかに活...
タイトルとURLをコピーしました